読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

保育士辞めたいの私だ

Suicide Outreach ~保育園という『戦場』で傷つき、生き残り、うつや悩みで辞めたい現役保育士を救済するブログ~

育児休業後にスキルアップして復帰できる唯一の職業

先日の『ガイアの夜明け』では「働き方が変わる、人生再挑戦から」という内容で、中でも「"復職ママ”は戦力になるか」というのはとても興味深い内容でした。

女性が退職・復職をする理由

何を隠そう、私は正社員を1年で辞め、専業主婦からパート・派遣社員を経てフルタイムで働く保育士になりました。

女性はなぜ仕事を辞め、そして再び仕事をしようと思うのでしょうか。

 

ガイアの夜明けに出てきた女性は、大企業で働いていたキャリアウーマンでしたが、夫の転勤や子育てのために退職しています。

 

子育てのために退職された方は

「仕事と子育て、必死に100%以上の力でやっているのに、どちらも60%くらいしかできていないことへのジレンマ」

が退職した理由だったと話します。

f:id:outreachhoiku:20160720123708j:plain

出産前から育児中は働きたいのに働けない

最近では男性が育児休暇をとることができるといわれてきていますが、実際のところ男性の多くが休めるのはせいぜい出産のときと退院の時くらいではないでしょうか。

多くのママが育児休業を取るために子どもが6カ月から1歳になってから仕事に復帰する方が多いようです。

でも、この世に生れて6カ月程度しか経っていないのですから、順応力もまだ十分備わっていません。丁度母親の胎内にいた時や母乳から得た免疫力がきれ病気にかかりやすくなる時期でもあります。

この時期に復帰したママの中には、子どもが次々に病気になり、早退・欠勤を繰り返すためにほとんど仕事に行けないと言う状況になる人も多いのです。

f:id:outreachhoiku:20160402213112j:plain

休む間もない育児に苛立ってしまうことも

また、家事は効率化を図ることで時間を作ることが可能ですが、育児は24時間365日お休みがありません。

 

気持ちに余裕がないと、5分毎に呼ばれてさほど重大と思われないことを聞かれると、だんだんイライラしてきます。ましてや兄弟がいればこれが2倍。

つい、適当に返事をしたり、声を荒げてしまったりしてしまいます。

そして後で

「ちゃんと話を聞いてあげなかった…」

「つまらないことでいらいらしてしまった…」

と反省し、

「やっぱり子育てに専念したほうがいいのではないか…」

と感じてしまうのです。

f:id:outreachhoiku:20160404221419j:plain

手間のかかる時期は意外と短い

でも、こんな風に密に接しているのはほんの短い間です。

我が家の三男はかなりの甘えん坊ですが、それでも小学校に入ってからは母親の出番はずいぶん減ってきました。

中学に入れば、朝は部活の朝練で6時ごろには出かけてしまいますし、夜は部活をして帰ってくるのはもう8時過ぎなんてことも珍しくないのですから、もう、手間と時間のかかった24時間営業の母親業は開店休業状態になります。

効率的に、朝と夕方に家事をすれば、残りは三者面談や塾の進路指導などの時以外は余裕があります。

大きくなった子はすっかり強くなって病気もしなくなっていますから、仕事をするのに障害になっていたものはなくなるのです。

f:id:outreachhoiku:20160720124011g:plain

こうして母親は仕事に復帰したくなる

・保育園に入れなかったから

・育児と仕事の両立に悩んだから

などの理由で離職し女性のうち、ある程度の割合で、子どもが1歳から13歳までの12年間の間のどこかで、仕事に復帰したいと考えるようになる時期が来るのではないかと思います。

 

冒頭の『ガイアの夜明け』に出ていた女性もそうやって復職を考えるのですが、一般の企業の仕事の場合、長期間離れていると再就職は難しかったのです。実際に就職活動もうまくいかず、自信を失いかけていました。

せっかく志を持ってもう一度働く意思があるのにと胸が痛くなります。

f:id:outreachhoiku:20160404221355j:plain

保育士の復職事情

その点、保育士の場合はちょっと違います。

ママとしてのスキルや葛藤は、そのまま保育士としてのスキルに直結しています。病児保育をしている会社などでは、保育士の経験と同じくらい、もしくはそれ以上に子育て経験を重視している園もあるくらいです。

その上、職場を離れたことで、もっと社会を知ることができたように感じます。また子育てをすることで予測不可能なことに対応しているうちに対応力を見つけています。

 

そんなスキルアップして、パワーアップしたママたちが、たくさん保育の現場に帰ってきてくれるといいなと思います。

 

f:id:outreachhoiku:20160405160419p:plain

著者:現役保育士 神奈川県 40代 女性

 

「日本生きろ」 仕事を辞めたい保育士が辞めない条件

→最近何かと話題の保育士不足の話。現在68万人いると言われている潜在保育士のうち、あと5万円以上月収がUPすれば7割以上が復職したいと思っている、という番組を見ました。

保育士が辞めない、続けられる条件とはなんでしょうか。

f:id:outreachhoiku:20160405155325p:plain

◆辞めたい保育士が残る条件1:お給料アップ!

やっぱりお給料アップが一番必要だと感じます。

つい先日までフルタイムで保育士をしていた私ですが、毎月のお給料は15万弱、手取りにすると12万円ほどしかありませんでした。

大学生の息子がバイトでもらうお給料より少ないことも。さすがにモチベーションが下がるのは仕方がないことではないでしょうか。

 

試しに、保育士が時給いくらで働いているのか、計算してみました。

1日8時間労働+1時間の休憩時間ですが、休憩時間も仕事をしているので9時間労働で計算します。さらに、月に1回は土曜勤務もありますので1カ月の稼働労働日は23日で計算します。

【9時間×23日=207時間】

お給料15万円をこれで割ります

【15万円÷207時間=時給724.6円

これを手取りで計算すると

【12万円÷207時間=時給579.7円

私の住む神奈川県では最低賃金は905円ですから、アルバイトのほうがよっぽどもらえると言う計算です。

さらに、保育士の仕事はこれだけで終わりません。

実に多くの書類を書いたり、明日の保育の準備をしたり、行事の準備など、2,3時間の残業はもちろん家に持ち帰る仕事も多いですが、これらについて残業代をもらえたという話を聞いたことがありません。

このお給料では、アルバイトのほうがまし、と離職するのは仕方ないですよね。

お給料がアップすれば、頑張れる保育士、絶対増えると思います。

  

f:id:outreachhoiku:20160405155351p:plain

◆辞めたい保育士が残る条件2:業務の軽減と効率化!

保育園の仕事は、子どもの面倒を見たり一緒に遊んだりすることだと思っている人が多いんじゃないかと思います。

私も、子どもが好きで子どもと接する仕事をしたいと思って保育士になったのですが、実はそれ以外の業務の多さが、半端ありません。

 

・毎日書く『保育日誌』

・個人の記録を書く『児童票』

・『年間のカリキュラム』

・『月間のカリキュラム』

・『個別のカリキュラム』

・『クラスだよりや園だより』

・『午睡の睡眠状態などをチェックする書類』

・保護者にかく『連絡帳』

・会議の『会議録』

・お誕生会、避難訓練などの毎月ある行事には『行事の計画書』と『反省』

これらを書きます。

f:id:outreachhoiku:20160405155535p:plain

運動会やお遊戯会のような大きな行事の場合は、書類はもちろん途中に何度も会議があり、ほかのクラスとの相談などもあり、これらすべてに『会議録』を作ります。

そして、保育園の部屋に飾ってある、動物や花の絵は『壁面構成』と言って、保育士が一つずつ手作りしています。また、子どもが作る『制作物の準備』や、『運動会・お遊戯会の衣装や小道具、音楽』を準備するのも仕事です。

加えて毎日の保育室の掃除はもちろん、トイレ、階段、扇風機にエアコン、園庭の草むしりに駐車場の掃除まで、掃除だけでもかなりの時間を費やしています。これも子どもがいる時間にはできないので、勤務時間外に行うことがほとんどです。

 

保育士の勤務時間は、子どもが午睡中以外はすべて保育をしていますから、これらの業務は午睡中を利用して行います。でもこの量はとても終わりませんので、日常的に残業と持ち帰りの仕事をすることになるのです。

 

たとえばある日の私の仕事です。

子どものいる私は、子どもを小学校に送り出してから家を出ています。朝早く行って業務をするのは無理なので、準備は前日もしくは自宅で行い、8時半に保育に入ります。そのまま子どもたちと過ごし、午睡の時間になると、雑務をこなします。まずは毎日必ずやっておかないといけない連絡帳を書いて保育日誌を書きます。その後、この日は毎月のその子の発達に合わせた個別カリキュラムの作成のためにクラス会議をしました。15人いるクラスの子どもについて相談していたら8人目まで来たところで時間切れ、子どもたちを起こす時間です。それからまた保育をこなし、夕方になると乳児が合同保育になるタイミングで、子どもたちをほかの職員に託し部屋の掃除を行います。なんとか業務時間内に掃除を開始しますが、ある程度の広さのある保育室と3つの便器があるトイレの掃除を行うだけで、勤務時間を軽く超過します。

 

掃除を終えると午睡中のクラス会議で相談した個別カリキュラムをキチンと文章に書き直します。さらに毎月行っている身体測定の結果や、勤務先や電話番号の変更など細かい書類を作成したらもう2時間が過ぎていました。

 

家に帰ってからは、小さな子が使う紐通しの作成です。フェルトで真ん中に穴が開いた、ぬいぐるみのようなものをたくさん作って通して遊ぶのですが、フェルトなので、縫い目が裂けたり伸びたり、毛玉になったりするので、定期的に新しいものを作って追加する必要があります。

結局、9時間の拘束時間+2時間の残業+自宅での制作を1時間。12時間保育園の仕事をしていたことになりました。

 

家庭を持っている主婦の私がこの仕事をずっと続けられるだろうかと正直迷います。業務の効率化を図ればこんな疲弊している保育士が減り、もっと保育士を続けられるんじゃないかなと思います。

 

◆辞めたい保育士が残る条件3:職場の人間関係がうまくいく!秘策は

どの仕事でも、気が合わなかったり、考え方が違ったりすることってありますから、保育士だけに限ったことではないのでしょうが、女性だけの職場になりやすい保育園では、結構陰湿ないじめが行われています。

f:id:outreachhoiku:20160405155613p:plain

実際に、私が実際にうけたり、見たりしたいじめだけでも

・休憩室に入れてもらえず、毎日40cmほどしかないロッカーの前で休憩を取らされた。

 

・ピアノが弾けない保育士に対して罵倒した上、2週間の練習後に披露した時に「やる気が感じられない」などと子どもの前で莫迦にした。

 

・気が効かない、仕事ができない、などと日々子どもの前で叱責するので、子どもたちが信頼してくれなくなった。周りの保育士にも「あの子は仕事ができない」吹聴して回る

 

というようなことがありました。

 

人間関係というのは相手のいることなので、自分だけではどうにもできないことも多いのですが、私が心がけていることがあります。

 

大人の人間関係も、子どもに対するときのようにするとうまくいく。】

 

たとえば、わかってほしいという気持ちが強くなりすぎると、感情表現が強くなってしまい相手が驚いてしまうこともあります。

一生懸命に言いすぎると、責められているように感じてしまうこともあります。

これは相手を『子ども』に置き換えてみると納得できるのではないでしょうか。

発信する側の時は正しいからと言ってどんなふうに言ってもいいわけではないですね。

受け取る側の時には、『一生懸命なのかもしれない』『余裕がないのかもしれない』と一歩引いて聞くのがよいのではないかと思います。

 

でも、どうしてもその場所で上手くいかないことがあれば、その場所から動く、避難する=職場を変えると言うことも考えてもいいと思います。自分の身を守るのは自分自身だけですからね。

 

f:id:outreachhoiku:20160405155824p:plain

◆辞めたい保育士が残る条件4:過酷な労働条件を改善!

保育園の先生って、労働条件も過酷なんです。

もちろん、お給料の低さや仕事量の多さは大きな問題なんですが、実はトイレにもほとんど行けないって知ってますか?

保育士不足と経費削減のため、保育園に配置されている保育士の数はぎりぎりというところが圧倒的に多いです。とくに幼児クラスの場合、1人で担任をしている園も多いので、クラスの子どもたちがいる間トイレに行く暇もありません。そのせいで保育士は膀胱炎にかかる人がとても多いんです。

 

また、ほとんど休みが取れません。トイレと同様に代わりの人員がいませんから、有給を取ることができないのです。

ところが有給取得率が以外と悪くないというデータがあります。それにはこんなからくりがあります。

私の勤務している園は夏休みを交代でとるのに有給を使っています。通常の企業にあるような夏休みは支給されていませんから、実質的には有給消化とは言えないような気がします。

また子どもに感染するような病気の場合はやすみをもらえますが、ちょっと熱がある、体調が悪いと言うくらいでは休めないので、体が回復するときがありません。

 

きちんとお休みが取れて、リフレッシュしてまた元気に保育ができる、そんな環境になればもっと続けられるって人、多いんじゃないでしょうか。

  

f:id:outreachhoiku:20160405155914p:plain

◆辞めたい保育士が残る条件5:ママになっても保育士続けたい!

 結婚出産して主婦になった保育士が仕事をするうえでとても困るのがシフト勤務です。

うちの園の場合、早番の場合午前7時前に出勤して鍵を開けます。遅番の場合は午後8時過ぎに鍵をかけて帰ります。

このような開所時間が7時、閉所時間が8時の保育園は一般的な保育園です、でもこれではわが子はどうやって保育園に預ければいいのでしょうか。

 

同僚の職員は、早番の時は朝寝ているわが子を実家まで預けに行って、実家から保育園に送迎してもらっていました。遅番の時は、実家のご両親に保育園に迎えに言ってもらい、実家でご飯を食べてすでに寝てしまっている子を家に連れて帰っていました。

結局このような生活は1年で破綻し、離職されてしまいました。

 

小学校に入れば、学校に送り出す時間は8時前、公立学童保育に入れても6時半には迎えに行かなくてはいけません。もっと長く預かってくれる民間学童保育に入れると、だいたい月に4万円程度の費用がかかります。夏休みなど長期休暇には10万円近くかかると言います。薄給の保育士では民間学童保育を利用するのはとても無理なので、結果的に離職するか、パート勤務に変わらざるを得ないと言うことになります。

 

中学校に入ると、部活があり放課後も部活や塾などで帰りが遅くなりますから、比較的時間に余裕ができてくるのです。この育児ド真ん中の12年間をもっと柔軟な勤務体制があれば、続けたいと思っている人は多いのです。

f:id:outreachhoiku:20160405160419p:plain

著者:現役保育士 神奈川県 40代 女性

参考にしたサイト:保育士求人・転職のFINE保育士

 

まとめ

子どもはいずれ大人になります。大人になって社会の一員になる前の、乳幼児期の成長を担うのが保育士です。子どもを産み育てることのできる女性は、社会で一番働き盛りの年齢と重なります。

保育士不足の問題を、単に働いている一個人の問題ととらえずに、社会の問題としてとらえ、解決していこうと言うふうに、今の保育園改革の機運が高まってくれることを願っています。

私と、全国に44万人いる保育士の同僚たち、そして200万人の保育園に通う子どもたち、そして未来の子どもたちのために。 

 

 

【この↓記事を読めばもっと保育士の現場に詳しくなれます】 

たくさんのシェアありがとうございます^^他にもいろいろ思う事を書いてますので是非読んで行ってください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ママの30分

先日話題になっていた、杉並区の公園に保育園を作ろうという案に、住民が反対しているニュースの詳細を見ました。

そのなかで、「30分通勤時間を延ばして郊外に引っ越せばいい」という意見があったそうです。

30分通勤時間を延ばすと言うことが、保育園児を持つ親にとってどういうことなのか、今、子どもを育てていない方には伝わっていないのではないかと思います。

f:id:outreachhoiku:20160711154409j:plain

小さい子がいる家庭の1日は?

子どもが小さいときの私の朝の時間割はこんな感じでした。

子どもが通う保育園までは車で10分、保育園から私の職場までは15分の距離です。

 

5:30
朝食の準備・夫、長男、次男のお弁当づくり・自分の身支度。

6:45
チビを起こす。
着替え・朝食。

7:50
家を出る。
車で10分の距離の保育園へ。

8:00
保育園に子供を預ける。
おむつや着替えなどの補充をしたり、子どもの様子を伝えたりします。
さらに子どもがママと離れるのが嫌だ、保育園行かないとひとしきりぐずったりします。

8:30
保育園から職場へ。
普段15分ほどの距離でも、車が混んでいると20~30分かかることもしばしばです。

9:00
職場へ。

こうして、直接行けば20分ほどで着く職場でも、途中で保育園によるためには1時間以上前に家を出て、その2時間以上前から起きて準備をしているのです。

30分通勤時間が伸びたらどうなる?

これが最初の杉並区の方の言うように30分ずつずれるとしましょう。

まだ小さい子が朝7時半には保育園に預けられることになります。

9時から17時まで会社で働いて、残業を全くしないで走って帰ったとしても、18時半前につくことは難しいでしょう。

これで子どもの保育時間は11時間を超えます。1時間も残業すれば、保育時間は12時間超。小さな体で毎日12時間頑張ることになるのです。

f:id:outreachhoiku:20160711154421j:plain

それでもこれはとても順調な時の話、子どもはとにかくよく体調を崩すのです。しかも、急に悪くなることも少なくありません。

さっきちょっと熱っぽいかもと思って熱を測ったら37度程度だったのが1時間で39度になっていた、なんてことも珍しくありません。

保育園は病院ではありませんから、こうなると保護者の方に連絡をしてお迎えをお願いすることにあります。

熱を出して苦しい状態で、保護者が迎えに来るのは早くて1時間後、通常は仕事の調整をしてから帰ってくるのでもっと遅くなります。

本当に「たった30分」?

大人にとってはたった30分かもしれませんが、子どもと一緒に行動する場合は最低でも倍の時間がかかります。そして緊急の場合でも30分も余分に時間がかかるのです。

他にも先の東関東大震災のときのように帰宅困難になった場合もあります。

車や電車で1時間の距離を歩いて帰ってくると何時間かかるんでしょう。

夜のうちに迎えに行くことはまず難しいでしょう。実際、3つ離れた駅に通っていた高校生の息子は電車が止まってしまいその日にかえってくることはできませんでした。

子どもを預けている場所と、自分の勤め先が余分に30分離れていると言うのはこれだけのリスクがあるのです。

f:id:outreachhoiku:20160711154952j:plain

みんなが満足できる解決方法は・・・

もちろん、公園がなくなっていいと思っているわけではありません。
子どもを育てる人だけが優遇されるべきだと思っているわけでもありません。

でも、保育園に入れなければ仕事を辞めざるを得ないという2つの選択しかなくなっている保護者が杉並区だけで560人いるんだそうです。

みんなが納得のいく方法というのは難しいですが、何か妙案はないのかと胸を痛めるニュースでした。

 

f:id:outreachhoiku:20160405160419p:plain

著者:現役保育士 神奈川県 40代 女性

※『私、保育士辞めたい。』は、すべての記事が保育士経験者や、現役の保育士によって書かれています。実体験を元にした、保育の現場の声が、一人でも多くの方にお届けできればと願っております。