読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

保育士辞めたいの私だ

Suicide Outreach ~保育園という『戦場』で傷つき、生き残り、うつや悩みで辞めたい現役保育士を救済するブログ~

保育士が幼稚園教諭免許を更新をしよう~講座はこんな感じ~

保育士も、幼稚園教諭免許の資格更新をしましょう!

先日、幼稚園教諭の資格を更新しにいってきました。

保育関係の方であればご存知かと思いますが、保育士として働いていると意外と忘れてしまうのが「幼稚園教諭の免許」の更新。

今後つかうのか使わないのか、とちょっと迷ったのですが、せっかく取った資格です。更新にいってきました。

 

幼稚園教諭免許更新!教員免許更新講習の流れ

教員免許更新講習は基本的に同じような形で進んでいきます。

 

まず、6時間の講習を受けるのですが、最後にテストを受ける必要があります。この提出を持って講習の合否を判定されます。

 

といっても、ほとんどの先生がおっしゃっていることとしては、「落とすためのテストではない」と言うこと。テストに対してそれほど心配しなくても大丈夫でした。

 

講習+テスト、当日の天気にもご注意を

さて、私の受けた講習初日はなんと台風が接近していました。上陸も間違いないと前日から盛んに報道されるという最悪のコンディションでした。

幸い、夏休み中でしたので、わが子の小学校は休みですから安心ですが、自分が研修に行くべきかどうするか悩みます。受講する大学のHPを見ますが、更新講習についての情報は0。とにかく電車が動いているうちはいかなければと、完全防備で向かいました。

ハーフパンツを着て、長靴を履いて、昼食を調達することができない可能性が高いと踏んでいたので、おにぎりを握っていきました。そして普段は使っていない大きめのリュックサックの中に下着まで着替えを入れ、45Lのポリ袋をかぶせて背負っていきました。

実際に自宅から最寄り駅まではそこまでではなかったのですが、大学の最寄駅から大学までの道でずぶぬれになっていきました。

そのため、早目に家を出ていたので時間よりもずいぶん早く到着し、トイレにこもり着替えたのですが、同じような方が多かったらしくトイレがずいぶん混みあいました。

 

必修領域の講習、内容は充実

初日は必修領域の講習でしたが、なんと4人の先生が90分ずつ講義をするという盛りだくさんの講義でした。

 

台風はどんどん迫ってきて、講習の間、何度も土砂災害情報が入ります。

講義中、携帯電話はもちろんマナーモードにしてあるのですが、土砂災害情報はこんな場合でも大きな音がなるんですね。キャリアの違いか、少しの時間差があって鳴り響くので、そのたびに講習は中断していました。

 

大学のある市の一部では避難勧告が出て、接続する路線では運休の情報も出ていました。本格的に家に帰る方法がなくなるのではないかと言う不安が脳裏をよぎります。

 

時間がたつにつれて、ガラス張りの大学の講義室のある建て物から見える外のすごいこと、遭難している気分になるほどでした。

 

講習を欠席すると、更新に必要な単位が取れない場合も

そんな中、講義をしている先生から今回の講座を申し込んでいる人のうち、欠席と連絡があったのは1名だけだったとお聞きしました。

そして、今回の講習は振り替えがなく、欠席したら単位が取れなかったということもわかりました。

 

結果から言えば、頑強な建物でしたので何も被害はありませんでしたし、帰宅時間前に台風は通り過ぎ、台風一過の快晴のなか、多くの木々が散乱する中を無事帰ることができましたが、もし怪我があったらどうするんだろうと不安になりました。

やっとのことで見つけた講習をみすみす逃すことはできませんが、やはり安全あってのことだと思うと、荒天時の対応や自然災害時の安全性などをもっと検討してほしいと感じました。

 

難易度は低いが、手が疲れるテスト内容

f:id:outreachhoiku:20170120154306j:plain

すべての必須講義がそうなのかはわかりませんが、私が受けたのは90分の講義を4つ、各講義の最後15分でテストと言うものでした。

授業自体も盛りだくさんでしたので、お話が最後まで到達しない中、テストはとにかくひたすら書く、と言う感じでした。

久しぶりに手書きであんなにたくさん字を書いたと思います。

 

 

次の日からの選択必須・必須授業は、6時間同じで先生に講義をしていただき、最後に20分程度テストを受けました。

大学の授業であれば半期かけてやるような内容を6時間で習うのですからどっちにしても盛りだくさんでしたが、1日目のボリュームを知っているので、その後は少しゆったりしたように感じられたのでよかったです。

 

実戦向きではないが、意味のある更新講習。もっと効果的にするには

たまたま、近くで休憩中などにおしゃべりさせていただいた方が、お二人とも中学校の英語の先生でした。

 

私自身も、保育に直結するような内容の講義はほとんどありませんでしたが、その先生方もすぐ役だつような内容ではないと言っていました。

でも、講師の先生もおっしゃっていましたが、幼稚園(保育園)から高校までの先生が受ける研修ですから、すべての先生にとって内容が仕事にすぐ役立つものにするのは不可能です。

 

普段、自分がやっていることと関係ないことでも、指導者としての資質だったり、幅だったりを広げるための講習と考えれば、全く意味のないことでもないのかもしれません。

でも、正直なところ、下を向いて聞いていらっしゃるのかどうか…と感じる方も周りに見受けられました。

 

やはり、更新講習のあり方は、もっと考えていただく必要があると感じます。

 

幼稚園教諭の免許の更新を受けて思う、行くべきかどうか?

5日間の研修を通して、一番感じたのは達成感です。

やり遂げたと言う気持ちでいっぱいになりました。制度や講座の内容など検討してほしいところはたくさんありますが、普段はなかなかできない『教わる立場』になりいろいろ考えるところがありました。

 

そしてここでも、保育士だと言うと「いろいろ大変なんですってね」と口をそろえて言われました。

同じような仕事をしているようでも、保育士の待遇や処遇の悪さは有名なのですね。

 

私たち保育士の仕事が、他の先生方のお仕事に比べて劣っているわけでも努力してないわけでもないのにとちょっとさびしい気持ちになりました。

 

今度、お会いすることがあったなら、同じ子どもを育てる仕事をする仲間として同じ立場でお話ができるようになりたいと、切に願う、そんな5日間でした。

人気の院内保育!いい求人の見つけ方

保育士の悩み「書類仕事が多い!」

保育士の仕事の大変さの中に、書類や行事の準備など、子どもと一緒に過ごす時間以外の業務があります。

 

子どもが好きで、子どもと一緒にいられたら少々大変でも頑張れる、元気をもらえると言う人が多い保育士にとって、事務仕事や会議、縫物や作成などで時間がとられるのはつらい…

ということで、院内保育を選ぶ人が増えているそうです。

 

保育士に院内保育が人気の理由

f:id:outreachhoiku:20170120153208j:plain

院内保育勤務の場合、病院勤務と同様の福利厚生が受けられることもあります。

小さな規模の保育園では福利厚生をあまり期待できませんが、病院の場合は様々な福利厚生がありますので安心ですね。

 

しかも、状況が許すのであれば、院内保育は夜勤がありますので、日勤しかない保育園よりも夜勤手当分多くお給料がもらえると言うのも人気の理由のようです。

 

行事や書類に追われることなく、純粋に子供のために保育をすることができそうな院内保育は魅力的ですが、院内保育ならどこでも働きやすいのでしょうか。

 

「院内保育の保育士は残業が多い」は本当?

先日、院内保育所で「仕事が終わらない親を待ち続ける」過酷労働が問題になっているというニュースがありました。

 

病院で働く医師や看護師のための院内保育では、緊急なオペなどで迎えにこられない親のために、「お迎えがあるまで」延長保育を実施しているところもあるようですが、そうなると保育士は迎えが来るまでずっと待ってなくてはいけません。

 

同じように院内保育をしているある株式会社では、日本一保育士が働きやすい会社を目指し保育士の声が届くようなシステムを導入しています。

 

保育士の声から生まれた勤務条件は働く人にやさしいです。

 

たとえば、

正社員の勤務時間は開園時間内でのシフト制(月平均173時間)ですが、希望者は、時短正社員制度が使えます。

 

子どもが小学生くらいまではこのような制度があれば、働きやすいですね。

 

とくに小1の壁と言われる学童保育の問題ですが、公立の学童保育であれば1万円以下なのに対して、民間学童保育は3万5千円以上するところも多いのです。

シフト勤務の場合、民間学童保育でなければ対応は無理ですが、時短を使えれば、6時お迎えなどが出来、公立学童保育でも十分対応してもらえます。

 

こんなにある、院内保育の充実の休暇制度

月9日の休日のほかに

  • 年次有給休暇(初年度は10日)
  • 産前産後休暇
  • 育児休暇
  • 介護休暇
  • 慶弔休暇
  • マタニティ有給休暇
  • 子の看護休暇(有給取得が可能)
  • リフレッシュ休暇(全国正社員のみ)

などたくさんの休暇制度があります。

 

このように、職員が安心して働ける環境作りに力をいれています。

育児休暇を取って復帰した後も、このような制度を利用すれば、せっかく子育てをしてスキルアップしたのに仕事を離れなくてはならない事態が防げます。

 

保育士も「働きやすさ」を重視すべき

このように同じ院内保育でも、働きやすさやお給料、待遇、福利厚生などには大きな差があるようです。

 

 

お給料アップ!ももちろんですが、

働きやすいやりがいのある、自分の思う保育ができる

そんな求人を探すことで、もっと輝いて保育士をやっていけるようになるチャンスですね。

 

少子化対策から保育士はもっと優遇されなければなりません

なぜ日本では「待機児童問題」が深刻なのか

f:id:outreachhoiku:20170120151735j:plain

現在、日本で未就園児を預かる施設はほぼ保育園になっています。

保育園は両親ともに共働きであることが求められているので、育児休暇明けに入る以外の入り方、

たとえば派遣社員だったので一度退職して復職したいとか、子どもが少し大きくなったので働き始めたいと言ったニーズに対してとても入りにくくなっています。

 

乳幼児期の子どもを1人で待たせることはできませんから、保育園に入れる前日まで仕事をすることは不可能なのに、働いてなければ入所できないシステム。

これにどれだけのお母さんが悩まされてきたことでしょう。

 

少子化対策の成功例を見てみよう:フランス

少子化対策に一定の効果を出しているとして評価されている、数少ない国の中にフランスがあります。

フランスでは国際的にも手厚い保育サービスが特徴とされています。

 

子どもが多ければ多いほど有利な課税方式の導入や、事業所内託児施設、託児所等の増設などの新しい制作が発表され次々に実行されていきました。

 

なかでも、フランスの保育政策で有名なのは保育学校です。

フランスの少子化対策成功の鍵、保育学校とは?

小学校の敷地の中にありますが、義務教育ではありません。でも希望すれば三歳になる年から入学させることができます。

日本でいう幼稚園ですが、ほとんどが公立ですので費用も安く抑えられています。

 

また、小学校には託児施設が併設されているので、働いている両親の子どもたちは保育学校の前後はココで預かってもらうことができます。

同じ敷地内にあることで親の送迎の心配もなく、安心して預けられますね。

 

保育学校の効果を高める、両親の育休期間

この3歳からの保育学校を機能させるための施策がもうひとつあります。3歳までは両親のどちらかが育児休業をとることが出来ると決められています。

このことから、早期の復職を希望している人以外は復職の際の預ける場所について悩まなくて済むのです。

 

では3歳前に復職をしたいと希望している場合はどうなるでしょうか。

この場合、認可保育園に預けることになるのですが、ココは日本同様激戦で働く親の10%程度しか入園できていないというデータもあります。

 

「保育学校」以外も豊富な選択肢で待機児童をださない

でも、他に一時託児所、保育ママなどの選択肢があります。この保育ママの制度は日本にもありますが、すべての市区町村で行われているわけではないようです。

また、保育ママの資格などについてあいまいで不安や心配をする人も多いようです。

 

フランスではこういった声から120時間の研修を受けていることなど条件を厳しくし保育ママの資質と地位向上を図っています。

 

「保育学校」の職員と、日本の保育士はどう違う?

最初に出ている保育学校は公立で国家公務員です。

そのため給与的にも安定していて、保育に専念することができます。

 

日本のように、小学校以降の先生と幼稚園・保育園の先生の給与に大きな開きはありません。

 

このようにして、保育にあたる人を増やすときに同時に地位の向上を図ることで、乳幼児期に当たるすべての大人の資質が向上します。

 

フランスの少子化対策は、ほかにも税制改革や不妊治療、高校までのすべての教育費を無料にするなどの施策がありますが、保育園及び保育関連施設の拡充と資質の向上は間違いなく基本になっています。

 

両親への金銭面の負担が大きい、現在の日本の子育て

f:id:outreachhoiku:20170120151757j:plain

今の日本では子育てはいわば贅沢です。子育てはとてもお金がかかります。子どもを作るか、高級車を買うか、リゾートマンションを買うかと選択するようなものです。

 

でも本来こどもは社会のものです。将来の国を担い労働力になりきちんと納税する立派な大人を育てることは社会のためになるからです。

 

少子化対策の前に、まず保育士の処遇改善を

少子化対策を考えるならまず、母親が安心して預けられる保育園及び保育関連施設の拡充が必要です。

 

そしてそのためには保育士、幼稚園教諭などの保育に関わる人の地位向上が不可欠なのです。

 

 

早くそのことに国が気づいて、待遇改善が迅速に行われることを願ってやみません。

 

 

そして、そのための後押しになるのは、現在働く保育士たちが、不当だと思われる賃金、働きにくいと思われるところで体と心を痛めながら働くことを辞め、よりよい働き先を探すことだと信じています。

※『私、保育士辞めたい。』は、すべての記事が保育士経験者や、現役の保育士によって書かれています。実体験を元にした、保育の現場の声が、一人でも多くの方にお届けできればと願っております。