読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

保育士辞めたいの私だ

Suicide Outreach ~保育園という『戦場』で傷つき、生き残り、うつや悩みで辞めたい現役保育士を救済するブログ~

【徹底比較】保育士と幼稚園教諭の仕事内容・給料はこう違う!

f:id:outreachhoiku:20170526125407g:plain

--------------------------------------------

著者:きょう

岡山県 30代後半女性 保育士歴9年

f:id:outreachhoiku:20170526095244j:plain

--------------------------------------------

 

保育士幼稚園教諭ってとっても似ている職種ですよね。

資格も同じような単位だし一体何が違うんだろう?と疑問に思っている人もいることでしょう。

そこで今回は、保育士と幼稚園教諭の違いについて、「仕事内容」や「給料」など、詳しくご紹介したいと思います。

保育園と幼稚園では、施設の目的が違う

保育園で働くには保育士資格、幼稚園で働くには幼稚園教諭の免許が必要になります。

これはまず、管轄する省庁が違うために施設の目的が異なるということが大きく関係してきているんです。

 

保育園は、主に厚生労働省の管轄になります。

児童福祉法で保育園での基本的な方針が定められているのですが、この中の第39条によると

日々保護者の委託を受けて、保育に欠けるその乳児又は幼児を保育すること

となっています。

対象年齢も0歳児~就学前までとなっており、主に両親が共働き世帯を対象にしている保育施設です。

 

一方、幼稚園の管轄は文部科学省です。

保育園が児童福祉法なのに対して、幼稚園は学校教育法が定められています。この中の第77条では

幼児を保育し、適当な環境を与えてその心身の発達を助長すること

を目的としています。

対象年齢は3歳児~就学前となっており、基本的な生活習慣よりも、学習面を中心とした指導になります。

保育園も幼稚園も子どもに寄り添う仕事ではありますが、これだけ目的が違ってくると毎日の保育内容も全く違ったものになってくるんですね。

 

保育士の仕事内容・給料

では、更に詳しく保育士の仕事内容について見ていきましょう。

保育園での勤務内容というのは、主に両親が子どもに伝えていく基本的な生活習慣も教えていくことが重要になります。

保育時間も原則8時間と定められていて、年間を通しての保育日数の制限もありません。

基本的に日曜日や祝日以外、保育園は開いているので、子どもと接する時間が長いのは保育園での勤務となります。

仕事内容は食事指導から排泄まで多種多様で、ここに行事なども絡んできます。

勤務時間はほとんどの施設で「延長保育」などがあるためシフト制をとっています。

勤務する施設の形態も、公立保育園・私立保育園(認可・無認可)・小規模保育園などがありそれぞれの施設でそれぞれの特色があります。

 

保育士の平均年収は326.7万円となっており、この平均値には公立保育園のお給料も入っているので、実際に私立保育園などで勤務している保育士さんからみると高めのお給料だと言えます。

大体、私立保育園などでの初任給は額面で18万円前後のところが多いというのが現状ですね。

 

幼稚園教諭の仕事内容・給料

続いて幼稚園教諭の仕事内容やお給料についてです。

幼稚園での勤務は原則保育時間が4時間と決められています。

他にも一年間の保育日数も定められており、夏休みや冬休みがあります。

あわせて、土曜日も休園している幼稚園が多く、子どもと関わる時間は保育園よりは短いです。

しかしそれでも、最近は利用者拡大のため、「預かり保育」の実施や、私立幼稚園なら特色を出すために、新しい教育法を導入したりしている幼稚園も少なくありません。

ただ子どもと寄り添って毎日を過ごしていくというよりは、より学習面を深く追求したりする幼稚園が多いのです。

しかし勤務時間は固定時間勤務で、大体17時になると帰ることができるというケースが多いですね。

 

お給料に関しては実は保育園と全く逆になる場合もあります。

幼稚園教諭の平均年収は339.3万円と、保育園より多いのです。

しかしこれは、幼稚園の中でも私立幼稚園で、対象家庭が「富裕層」ばかりの幼稚園教諭の年収も入っているためです。

有名進学校に入学するために、幼稚園受験をするという場合もありますよね。

そういった私立幼稚園はとても人気で、経営状態も悪くありません。

最近では、公立幼稚園でも利用者が激減しているため、厳しい運営にある幼稚園も多いですよね。

公立幼稚園も閉園してしまう施設が多いのです。

そうなると、公立幼稚園に勤務していると、保育士の初任給よりも少なく、20年勤務してようやく月収20万円を超えると言ったケースも少なくありません。

 

今、両方の資格をもった「保育教諭」がアツい!

二つの違いを理解していただけた上で、是非考えていただきたいのは「保育士」も「幼稚園教諭」もどちらも持っている「保育教諭」という存在です。

皆さん、「認定こども園」というのは耳にされたことはありますか?

幼稚園と保育園の施設目的や機能を合体させた新しい保育施設です。

待機児童解消のために導入されたものですが、実際認定こども園は伸び悩んでいるのです。

これは何故かというと、認定こども園には幼稚園教諭免許と、保育士資格の両方を併せ持つ職員が必要になるからです。

もちろん、すぐに資格を取得しなければ働けないということはありません。

しかし将来的には両方の資格がないと働けませんので、もし今から取得を目指すのなら、両方の資格を持った保育教諭を目指した方がいいですね。

また、今現在、片方の資格しか持っていない!という人は、3年以上かつ4320時間以上の実務経験があれば特例制度を利用して簡単に持っていない方の資格や免許を取得することができます。

この制度は平成31年度までとなっていますので、対象の方はこの機会を逃さず取得しておきましょう。

保育教諭はその数が少ないことが問題にもなっていますので、保育教諭として転職や就職をするというのは、他にはない強みになりますよ。

 

どちらも子どもの成長に寄り添うという点では同じ

保育士と幼稚園教諭、どちらが幸せなのでしょうか?

どちらにも大変なこともあればやりがいもたくさんあります。

しかし、あなたが子どもと寄り添う仕事がしたい、と選んだのならどちらで働いても幸せなことです。

 

保育園と幼稚園どちらで働こう?と考えるのもいいですが、もしかすると就職した保育園や幼稚園が将来的に認定こども園になってしまうかもしれません。

両方の資格や免許を積極的に取得するということも視野に入れて、キャリアを歩んでいきましょう。

保育士おとーちゃんから学ぶ「叱らなくていい子育て」って?

f:id:outreachhoiku:20170526115203j:plain

--------------------------------------------

著者:きょう

岡山県 30代後半女性 保育士歴9年

f:id:outreachhoiku:20170526095244j:plain

--------------------------------------------

 

叱らなくて保育ができるのなら、こんなにいいことはない!と思ったことはありませんか?

実はそんな夢のような子育て方法を教えてくれる人がいるんです。

その名も「保育士おとーちゃん」。

就学前までの子育ての悩みを鮮やかに解決してくれるとして、ブログも講演会も大人気なんです。

この保育士おとーちゃんをお手本にして、あなたの保育を充実させてみてはいかがでしょうか?

 

 

ママや保育士達から絶大な人気を誇る、保育士おとーちゃん

保育士おとーちゃんこと、須賀義一さんは元保育士の子育てアドバイザーさんです。

現在は、ご自身でブログを更新されたり、保育士さんの転職サイトに寄稿されたりしています。

このブログでの「叱らなくていい子育て」というものが子育て中のお母さんや、毎日の保育に悩める保育士さんから絶大の人気を誇っているのです。

 

hoikushipapa.blog112.fc2.com

 

今は、講演会などのお仕事が忙しいようで、ブログでのお悩み相談を休止されていますが、これまではコメント欄で寄せられた悩みに真摯に向き合われていて、その言葉の一つ一つに心を揺さぶられる人が多かったんですね。

しかし、中には心ない方や保育士おとーちゃんの考えに反発する方もいるようで、批判が寄せられることもあります。

こういった場合、あたりさわりのない言葉を返すことで批判はなくなるのですが、保育士おとーちゃんはそういったことはせず、受け取る人から見れば少し傲慢とも取れる返信をしたりもしています。

しかしこれは保育士おとーちゃんの信念を曲げない、という強い気持ちの表れでもあります。

自分が発信した言葉に強い責任を持ち、それでも自分はこう思う!という意思をはっきりと示すことでママや保育士たちから絶大な人気と信頼を獲得しているのでしょう。

実際、私も元保育士だったので、保育士おとーちゃんのブログを少し読んでみると、保育現場あるあるで激しく共感する事があります。

こういった飾りのついていない真っ直ぐな言葉が何とも素晴らしいんですよね。

ではでは、ほんの一部ではありますが保育士おとーちゃんの素敵な子育ての秘訣をご紹介していきましょう。

 

子育ての秘訣は子どもを信じること

 

hoikushipapa.blog112.fc2.com

hoikushipapa.blog112.fc2.com

 

自分は子どもを信じているわ!と憤慨された人にこそ読んでほしいブログ記事です。

保育士さんもご両親も、子どもと毎日寄り添う存在であるからこそ、子どもを信じていますよね。

でもそれって本当に心の底から信頼しているのだろうか?という疑問を投げかけてくれるものです。

ブログの中で保育士おとーちゃんは

 

『日本の子育てでは「叱る」「怒る」「威圧する」「脅す」が導き出されてしまいます。』

 

と語られています。

周りを見てみると、叱らないで子育てできればいいけれど、子どもを躾ける時に、叱らないときちんと子育て出来ていないと思われるんじゃないか?と心のどこかで思っていませんか?

または「あの先生は子どもを叱りもしないで。」という言葉を聞いたことはありませんか?

ここに、保育士おとーちゃんは

 

『大人が子どもを管理しなくてはという先入観が存在する』

 

とも言われています。

この考え自体が子どもを信じていない結果に繋がり、命令や指示を過干渉にしてしまうのだとも言われていました。

子どもを信じるというのは、子どもを放置しておく、ということではありません。しっかり信じて子どもの判断に任せるということが必要になるのです。

だからと言って、ある日突然それを初めてもうまくいくわけがありませんよね。

そこで保育士おとーちゃんはこうもおっしゃっています。

 

『子育ては積み重ねです。積み木を上に上にと積み重ねていくようなものです。』

 

丁寧に積み上げた積木なら高いものができます。

しかし土台が不安定な積木ならすぐに崩れてしまいます。

もし、子どもをしっかり信じて子育てや保育をしたいと感じているのでしたら、まずは今積み上げている積み木を崩してしまって、もう一度積み上げるしかありません。

子どものために、と思ってしていた「行動」をとる前に子どもの反応や行動を待ってあげるというワンクッションが必要なんですね。

言うには簡単ですが、これを実践するとなるとなかなか難しい問題です。

それでも子育ては「子どもを伸ばす」ということですから、できないと諦める前にトライするという姿勢が何よりも大切なのではないでしょうか?

 

愛情をちゃんと言葉で伝えていますか?

f:id:outreachhoiku:20170526120541j:plain

 

hoikushipapa.blog112.fc2.com

 

日本人は感情をストレートに表現することを「良し」としない人種です。

これは「奥ゆかしく」もあり、素敵な魅力の1つなのですが、子育てや保育にはこの魅力は必要ありません。

子どもたちというのは自分を認めてもらいたい!と強く感じている存在なのです。

「言わなくても伝わるだろう」というのは、大人の甘えでもあります。

保育士おとーちゃんのブログでは

『多くの子供に関わってきてその重要性を深く実感してきました。』

とおっしゃっています。

ここには自己肯定感を強くしていく、という重要性があるんですね。

例えば、家庭ではいつも叱られてばかりの子どもほど、誰かから褒められると嬉しそうな顔をしませんか?

これは自分が認められた!自分が欲しい言葉を言ってくれた!という感情から出てくる表情です。

だからと言って無理矢理褒めることを薦めるわけではありません。

子どもは大人のウソに敏感で、すぐに見抜きます。

例えば「良いハンカチ持ってきてるね。」や「その髪型かわいいね。」といった日常的な会話のレベルで十分なんです。

いちいち口にしなくてもいい言葉ですが、子どもの心には響きます。

この時の充実感と言うのは子どもの時にしか受け取れない感情であり、将来に繋がっていきます。

保育士おとーちゃんも

 

『僕は保育の目的は、その子が将来幸せになることのお手伝いをすることだと思っています。』

 

とおっしゃっています。

保育園に在園している期間だけ、楽しく過ごせたらいいやと考えて保育するよりは、子どもの将来に寄り添っているんだ、と考えて保育をする方が何倍も楽しいですよね。

愛情を伝え、子どもを信じている保育士には子どもはすぐに心を明け渡してくれるものです。

強固な信頼関係ができ上がっていきますので、ぜひとも保育の参考にして欲しい記事です。

 

子育ては子どもを「大人」じゃなくて「子供」にすること

保育士おとーちゃんのブログや考え方はとってもシンプルです。

 

「子どもを信じ、子どもに寄り添うこと」

 

それだけなんです。

しかしこのシンプルな方法が実はとても難しいですよね。

子育てというと、子どもを育てることで、立派な大人にしなくてはいけない!と思っていませんか?

確かに、命にかかわる危険な事をした時は叱らなくてはいけないこともあるでしょう。

しかし、それ以外の場合、叱らなくてもいいということが多いとは思いませんか?

少しだけ叱るではなく違う方面にシフトチェンジしてあげることで、毎日の保育が充実し、子どもが子どもらしく毎日を過ごせるようになります。

両親ではなかなか実践が難しい叱らない子育てというのも、保育士というプロなら実践しやすいという一面もあります。

子どもが「子ども」になることで、子どもたちの世界が素晴らしいものになれるよう、是非お手伝いをしてあげて下さいね。

保育士が幼稚園教諭免許を更新をしよう~講座はこんな感じ~

保育士も、幼稚園教諭免許の資格更新をしましょう!

先日、幼稚園教諭の資格を更新しにいってきました。

保育関係の方であればご存知かと思いますが、保育士として働いていると意外と忘れてしまうのが「幼稚園教諭の免許」の更新。

今後つかうのか使わないのか、とちょっと迷ったのですが、せっかく取った資格です。更新にいってきました。

 

幼稚園教諭免許更新!教員免許更新講習の流れ

教員免許更新講習は基本的に同じような形で進んでいきます。

 

まず、6時間の講習を受けるのですが、最後にテストを受ける必要があります。この提出を持って講習の合否を判定されます。

 

といっても、ほとんどの先生がおっしゃっていることとしては、「落とすためのテストではない」と言うこと。テストに対してそれほど心配しなくても大丈夫でした。

 

講習+テスト、当日の天気にもご注意を

さて、私の受けた講習初日はなんと台風が接近していました。上陸も間違いないと前日から盛んに報道されるという最悪のコンディションでした。

幸い、夏休み中でしたので、わが子の小学校は休みですから安心ですが、自分が研修に行くべきかどうするか悩みます。受講する大学のHPを見ますが、更新講習についての情報は0。とにかく電車が動いているうちはいかなければと、完全防備で向かいました。

ハーフパンツを着て、長靴を履いて、昼食を調達することができない可能性が高いと踏んでいたので、おにぎりを握っていきました。そして普段は使っていない大きめのリュックサックの中に下着まで着替えを入れ、45Lのポリ袋をかぶせて背負っていきました。

実際に自宅から最寄り駅まではそこまでではなかったのですが、大学の最寄駅から大学までの道でずぶぬれになっていきました。

そのため、早目に家を出ていたので時間よりもずいぶん早く到着し、トイレにこもり着替えたのですが、同じような方が多かったらしくトイレがずいぶん混みあいました。

 

必修領域の講習、内容は充実

初日は必修領域の講習でしたが、なんと4人の先生が90分ずつ講義をするという盛りだくさんの講義でした。

 

台風はどんどん迫ってきて、講習の間、何度も土砂災害情報が入ります。

講義中、携帯電話はもちろんマナーモードにしてあるのですが、土砂災害情報はこんな場合でも大きな音がなるんですね。キャリアの違いか、少しの時間差があって鳴り響くので、そのたびに講習は中断していました。

 

大学のある市の一部では避難勧告が出て、接続する路線では運休の情報も出ていました。本格的に家に帰る方法がなくなるのではないかと言う不安が脳裏をよぎります。

 

時間がたつにつれて、ガラス張りの大学の講義室のある建て物から見える外のすごいこと、遭難している気分になるほどでした。

 

講習を欠席すると、更新に必要な単位が取れない場合も

そんな中、講義をしている先生から今回の講座を申し込んでいる人のうち、欠席と連絡があったのは1名だけだったとお聞きしました。

そして、今回の講習は振り替えがなく、欠席したら単位が取れなかったということもわかりました。

 

結果から言えば、頑強な建物でしたので何も被害はありませんでしたし、帰宅時間前に台風は通り過ぎ、台風一過の快晴のなか、多くの木々が散乱する中を無事帰ることができましたが、もし怪我があったらどうするんだろうと不安になりました。

やっとのことで見つけた講習をみすみす逃すことはできませんが、やはり安全あってのことだと思うと、荒天時の対応や自然災害時の安全性などをもっと検討してほしいと感じました。

 

難易度は低いが、手が疲れるテスト内容

f:id:outreachhoiku:20170120154306j:plain

すべての必須講義がそうなのかはわかりませんが、私が受けたのは90分の講義を4つ、各講義の最後15分でテストと言うものでした。

授業自体も盛りだくさんでしたので、お話が最後まで到達しない中、テストはとにかくひたすら書く、と言う感じでした。

久しぶりに手書きであんなにたくさん字を書いたと思います。

 

 

次の日からの選択必須・必須授業は、6時間同じで先生に講義をしていただき、最後に20分程度テストを受けました。

大学の授業であれば半期かけてやるような内容を6時間で習うのですからどっちにしても盛りだくさんでしたが、1日目のボリュームを知っているので、その後は少しゆったりしたように感じられたのでよかったです。

 

実戦向きではないが、意味のある更新講習。もっと効果的にするには

たまたま、近くで休憩中などにおしゃべりさせていただいた方が、お二人とも中学校の英語の先生でした。

 

私自身も、保育に直結するような内容の講義はほとんどありませんでしたが、その先生方もすぐ役だつような内容ではないと言っていました。

でも、講師の先生もおっしゃっていましたが、幼稚園(保育園)から高校までの先生が受ける研修ですから、すべての先生にとって内容が仕事にすぐ役立つものにするのは不可能です。

 

普段、自分がやっていることと関係ないことでも、指導者としての資質だったり、幅だったりを広げるための講習と考えれば、全く意味のないことでもないのかもしれません。

でも、正直なところ、下を向いて聞いていらっしゃるのかどうか…と感じる方も周りに見受けられました。

 

やはり、更新講習のあり方は、もっと考えていただく必要があると感じます。

 

幼稚園教諭の免許の更新を受けて思う、行くべきかどうか?

5日間の研修を通して、一番感じたのは達成感です。

やり遂げたと言う気持ちでいっぱいになりました。制度や講座の内容など検討してほしいところはたくさんありますが、普段はなかなかできない『教わる立場』になりいろいろ考えるところがありました。

 

そしてここでも、保育士だと言うと「いろいろ大変なんですってね」と口をそろえて言われました。

同じような仕事をしているようでも、保育士の待遇や処遇の悪さは有名なのですね。

 

私たち保育士の仕事が、他の先生方のお仕事に比べて劣っているわけでも努力してないわけでもないのにとちょっとさびしい気持ちになりました。

 

今度、お会いすることがあったなら、同じ子どもを育てる仕事をする仲間として同じ立場でお話ができるようになりたいと、切に願う、そんな5日間でした。

※『私、保育士辞めたい。』は、すべての記事が保育士経験者や、現役の保育士によって書かれています。実体験を元にした、保育の現場の声が、一人でも多くの方にお届けできればと願っております。