読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

保育士辞めたいの私だ

Suicide Outreach ~保育園という『戦場』で傷つき、生き残り、うつや悩みで辞めたい現役保育士を救済するブログ~

保育士が書く連絡帳は、一生のたからもの

保育士の仕事には意外と事務仕事が多くてびっくりします。
なかでも連絡帳は、クラス全員分ありますので、数が多いので負担に感じている先生が多いみたいですね。

どんな連絡帳がいい連絡帳なんでしょう、そしてどうやったら負担が少なくかけるんでしょう。

f:id:outreachhoiku:20160525185706p:plain

保護者目線の連絡帳

元保育園に預けていた時、保護者として連絡帳を書いていた時は、負担に感じることも多少はありましたが、概ね楽しいと感じていました。乳児期は、就寝時間・起床時間・食事・排泄などの情報と、コメントを書くと言う感じだったのですが、朝食をほとんど食べてくれない子だったのでこれは困りました。

ぎりぎりまで食べているのですが、ほとんど進まないし、ぎりぎりなので書く時間はないし・・・もうあきらめて準備したものを書くようにしていました。並べただけで食べていないことも多いんですが、まあ少しは食べたということでよいと言うことにしようと思っていました。

実際に、保育園で働いてみてびっくりしたのは、乳児期の午前おやつといって出てくるのはクラッカー2枚程度。この程度でいいんだ~とわかっていたら、もう少し気楽だったかもしれませんね。

休みの日はすこしゆっくり連絡帳がかけるので、お休みにやったこととか子どもの面白い発言なんかを書いていました。保育園の先生も園での様子を書いてくれたので、今でも読み返すと楽しくなります。仕事と家事でバタバタしていた私にとってはいい育児記録になりました。

うちの子は、家であったことを「連絡帳で書いて」とよく言っていました。また家に帰ると、保護者欄と先生欄を読んでもらうのが楽しみだったようです。小学校に入っても「連絡帳になんか書いてよ」といっているくらいでしたよ。

一方で、2歳児クラスの時に、どうも先生と合わなくて苦労していました。家庭のことでごたごたしていたのですが、そのことを話していなかったときは不信感を抱いていたようでした。子どもも次第に保育園を嫌がるようになり、一日中号泣して給食も食べられなくなった日もあったようです。ご迷惑をおかけしていたのはよくわかっているのですが連絡帳に「今日は一日好き放題していました」というようなことを書かれた時はさすがに凹みました。どうしようかと悩んだのですが、正直に「もう、仕事を辞めて保育園も辞めたほうがいいんじゃないかと悩みました」と書いたら、謝罪され、その後はそのようなことはありませんでした。うまくいっている時だけでなく、うまくいっていないときにも連絡帳は助けになるなと感じています。

 

f:id:outreachhoiku:20160525185731p:plain

保育士としての連絡帳

保育士になってからの連絡帳は、できるだけ子どもの様子がわかるような内容にするように心がけていました。おうちの様子への一言コメントの後、主活動で何をしたのかと、一日を通してトピックとなるようなエピソードの両方が書けるように、日中から気を配ってみるようにしています。乳児期は動きが小さく自分のそばにいる子以外はあまり見えていないこともありますので、ほかの担任と情報交換をするようにしていました。

連絡帳がうまく書けない理由の一つとしてこの情報交換不足があげられると思います。全員のトピックスを覚えているのは難しいですが、複数担任であれば、だれかが一つくらい覚えているものです。昼の時間は事務仕事が多く忙しい時間ですが、情報交換をすることで連絡帳・保育日誌に書く内容はかなり楽になると思います。

 

もうひとつは、とにかくポジティブに書くことです。

出来ないことを伝えることよりも、できていることをたくさん伝えてママにほめてもらう材料になるように心がけるといいと思います。毎日一緒にいると、できてないことはついつい目につきますが、できていることは当然のように感じてしまいなかなか見つけられないものです。出来るだけたくさんの「できていること」を伝えられるように心がけるといいですね。

また、出来ごとの報告だけでなく、子どもの様子や感情が伝わるように書きましょう。

 

そうはいっても、ネガティブなことで伝えたいこともあります。

そういうときはネガティブな内容をポジティブに変換するようにしましょう。

 

たとえばトイレに間に合わずお漏らしをしてしまった、ということも

「おトイレに行こうと頑張ったのですがあと一歩というところで、、、『トイレがもう少し近くにあればよかったのにね』というとにっこり笑っていました

なんていうのはどうでしょう?

給食を残したと言うことも

「苦手なものも、目をつぶって一生懸命口に入れようとしていました。頑張る姿がかわいかったです」という風に書いていると、食べてないと言うことは伝えられて、保育士として子どもの頑張りを見守っている姿勢も伝えられるのではないかと思います。

 

保護者が知りたい情報これ!

というのにこんなのがありました。

  • 何ができるようになったか

  • 誰とよく遊んでいるのか

  • おひる寝の時間

特に乳児期は、今までできなかったことが急にできるようになる時です。「保育園でも1歩歩きました」とか、「かけっこが上手になりました」なんていうのは、やっぱりうれしいですし、家庭でもその姿を見たいと思いますよね。

また、働くママはママ友を作る機会が少ないので、保育園で仲良しのお友達とママ友になりたいと思っているものです。話をするきっかけになってお休みの日に遊んだりするようになると、ママもうれしいです。

お昼寝に関しては、帰宅後のスケジュールが変わりますから、切実な問題です。

今日はお昼寝がほとんどできなかったという時は、何より優先してご飯を食べさせて、寝かそうと思うでしょうし、長くお昼寝をしてしまった時は夜なかなか寝ないと覚悟が必要です。「お昼寝情報」は帰宅後のママのスケジュールを左右する貴重な情報なのです。

 

f:id:outreachhoiku:20160525185801p:plain

もうひとつ苦手に感じていることは、字が上手じゃない、癖が強いと言うのがあるようです。保護者から見た時に、あまりにも幼い字を書いていると、心配されてしまいます。

習字の授業ではないですから、ある程度丁寧に書いていればいいと思いますが、ぱっと見きれいに見える字には決まりがあります。

 

  • 少し右上がりに書く

右上がりといってもあまり極端だと癖字に見えてしまいます。丁度いい角度は6度くらいなんだそうです。とにかく、右下がりになるとバランスが悪く見えますから、心持右上がりを心がけましょう。

 

  • 右下に重心が来るように書く

右下を、少し長めにするなど重心が右下に来るようにすると、バランスがいい字が書けます。

 

  • 等間隔にします。

田のような字は□の大きさがそろっているように書くときれいに見えます。三のように並んでいる線も等間隔だときれいに見えます。

また、字と字の大きさもある程度そろえて、間も広がり過ぎたり空きすぎたりしないように書くようにしましょう。

 

  • 漢字に比べて、カタカナ・平仮名は小さめに

漢字が100%だとすると、カタカナ・平仮名は80%くらいの大きさにするとバランスがよく見えます。

 

  • 忙しくても丁寧に

慌てて書いている、走り書きのようになっているとやはりきれいな字には見えません。私はさほど字が上手ではないので、丁寧に書くことを心がけています。姿勢を正して正しくボールペンを持って丁寧に書くだけで、いつもよりちょっときれいな字が書けるものです。

f:id:outreachhoiku:20160405160419p:plain

(著者:現役の保育士 40代 女性 / 参考にしているサイト:hoiku.fine.me

 

【まとめ】

忙しい保育士にとっては、ちょっと大変だなと感じている連絡帳ですが、保護者にとっては楽しみにしている、大切にとっていると言う人も多いんです。

もちろん、その日にあったことを伝えるのが連絡帳ですが、いつかこれを見返して懐かしく思うんだろうな~と思って書いてみると、連絡帳が少し楽しくなってくるのではないでしょうか^^v

 

※『私、保育士辞めたい。』は、すべての記事が保育士経験者や、現役の保育士によって書かれています。実体験を元にした、保育の現場の声が、一人でも多くの方にお届けできればと願っております。